自動車のリサイクル率と自動車リサイクル法!

特に自動車は、リサイクル率が高いといわれています。鉄とアルミとプラスチックで作られていることもあるけど、8割程度はリサイクルされるらしい。それでも残り2割は、ゴミになるから埋立処理をしていたらしいね。ただ埋立場所の確保の問題や、エアコンのフロンガスによる地球温暖化問題もあり、これらを解決する目的で2005年に自動車リサイクル法が作られたみたい!2005年以降に購入した車には、リサイクル費用を払った証となるリサイクル券が渡される!当然ながら、自動車買取査定中古車買取査定事故車買取廃車見積もりといった全てのケースで必要だったりする。なお2005年以前の車を売却・処分する場合、その時にリサイクル費用を徴収されるみたいね。そもそも自動車リサイクル法は、自動車メーカーや輸入業者にゴミを引取・リサイクルすることを義務づけた法律といえる。そして、そのリサイクル料金を負担するのが、自動車の所有者なわけ!なお、バイク買取査定ではリサイクル券なんてものは無い!バイクは、自動車リサイクル法の対象外だから!ただ個別の動きがあり、『二輪車リサイクルシステム(2004年)』により予めメーカー希望小売価格にリサイクル料金が含まれることになったみたい!
posted by 自動車買取査定ガリバー at 12:09 | 自動車売却のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。